さいたま市の生活雑貨総合商社 マルカミ藤倉株式会社

無料見積りお問い合わせ

公式ブログ

インチメジャーとノギス

2015年3月4日

 

marukami=_MG_8935 のコピー

インチメジャー

計測マニアではありませんが、マルカミではヤード・ポンド法の単位「inch」で計測できるインチメジャーを2種類使用しています。

ひとつは、いかにもアメリカ製といった感じのガッシリとした作りの25Ft. inch measure ボディー外装までメッキ仕様です!
重たくて、操作部分は堅くて、繊細さがまったくありませんが、作業性が良くて、とても使いやすいメジャーです。

写真、緑色ボディのメジャーはインチ(inch)と、センチメートル(cm)が上下に計測できるタイプで、アメリカ製ですが、作りも目盛り表示ともに、とても精密にできていまして、一目でインチとセンチメートルの読み分けができて大変便利なメジャーです。

ほとんどの製品がメートル法で規格製造されていますが、アメリカ基準の製品は、いまだにインチ表示されていますので、大きさや長さをイメージするのに自分の感覚に頼ったり、計算で割り出したサイズを充てるより、実際の計測基準の道具で測ることにしています。

両方ともアメリカへ行ったときに現地で購入したものです。

尺貫法メジャー

これは日本の古くからの物の長さや重さを量る基準ですが、まだ大工職人始め、マルカミの職人達はすべて「間」「尺」「寸」と、長さの単位として、ごくごく普通に使われています。

「二尺五分」 にしゃくごぶ、って言われても、ぴんと来ません。

午前中はインチ基準の部材の注文。 翌日午後からは尺寸の職人。 毎日普段はセンチメートル、キログラムでの生活。
恥ずかしながら、切れ味良く切り替えができないので・・・尺貫法で計測できるメジャーも常用しています。

ノギス

これはミクロの世界を測る計測器です。 5/100ミリメートル単位の大きさや太さ、厚さを測ります。
また、極薄い物、丸い物の直径計測や、小さな穴やくぼみの深さ計測などに特に威力を発揮します。

ティッシュの厚さは10枚重ねて計測し、その値を1/10にし1枚の厚さを割り出します。 最近では紙マスクの厚さの計測や、ビニールシートの厚さ、お客様の名刺を作る際、同じような紙で製作して欲しいという時に厚さを計測、ブログに掲載するため資料としてパイプの太さ計測など、マルカミにとって毎日使っているほど、使用頻度の高い計測器です。

LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LinkedIn にシェア

無料お見積り お問い合わせ

このページのTOPへ