さいたま市の生活雑貨総合商社 マルカミ藤倉株式会社

無料見積りお問い合わせ

公式ブログ

多様な働き方実践企業認定 シルバーランクです

2014年12月17日

多様な働き方実践企業認定企業マルカミ藤倉株式会社

マルカミ藤倉株式会社 多様な働き方実践企業検索サイト

 子供を連れての出勤 同伴勤務

昨日のミーティングで、マルカミの女性社員;岡田から、

「小学校2年生の長女が通う学校がインフルエンザで学級閉鎖中」

「両親に、留守中 面倒見てもらうのも2日間が限界。。。ひとりで留守番させるのもムズカシイので、あした(H26/12/18)同伴で出勤してもいいですか?」

「どうぞ、どうぞ! OKだよ」

と言う会話をして思い出しのが、
マルカミは、埼玉県から多様な働き方実践企業のシルバーランク認定を頂いています。

と言う事で、マルカミの社員スタッフがお伺いした際、子供を連れていたら、ちょっとだけスピードが落ちたり、切れ味が悪くなったりしますが、多少大目に見て頂けますでしょうか。 これがマルカミの考え方であり、やり方なので・・・


 

店長は商売人のセガレとして生まれ育ち、小さい頃から両親が居る事務所や倉庫で、一緒に時間を過ごしていました。
まさしく自宅での居場所は、家業事業をしている「その場所」 居ても役に立たなくて、ちょっと邪魔で、まるで飼い猫のようです。
大好きだったのは、配達について回ること。 手伝いをするわけではなくて、トラックの助手席に乗っているだけなんですが、なかなかオツつなもんでした!

だから、子が親の働いているところを観て育つ。 親が子供の面倒を見ながら仕事をする。

子が親のおこられている場面を観て、ほめられている場面を観て、頭を下げている場面を観て・・・そんなことは当たり前だと思ってきました。

そして経営者となった今。
当たり前だと思って、従業員にも子供を連れて、自分の働いている事を見せてやれ! と言っています。

なかなか難しいことだと実感しました。 ある意味、贅沢なことだとも思いました。
この子供同伴勤務許可を止める気はありせん。 むしろ積極的に連れてこさせようと思っています。

<参考>
10年ほどやってみて判ったこと
○自分もそうだったけど、子供は店番が嫌いと言う事
○体調不良の子供を同伴させると、会社にいる社員全員にカゼなどがうつると言う事
○とても業務効率が落ち、かなり面倒だけど、面白いと言う事

LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LinkedIn にシェア

無料お見積り お問い合わせ

このページのTOPへ