さいたま市の生活雑貨総合商社 マルカミ藤倉株式会社

無料見積りお問い合わせ

公式ブログ

防災訓練消耗品>その四 倒壊家屋救助訓練用 大型バール

2013年6月19日

昔は「釘抜き」と言った、バール
最近の防災訓練は、見学型から、体験型と言うより、実践型になってきました。
その典型的な道具がこの大型バールです。
倒壊家屋に閉じ込められた住民を、助け出すと言う想定の訓練で、実際参加者が使用します。
発煙筒がモクモク煙を吐いている、造り物の倒壊家屋に、号令とともに気合いを入れて、これらの道具を持って、突進していく姿は、感動すら覚えます。
このバールは、3尺(90cm)という、中程度の物です。このほかに家屋解体専用の180cmという物まで、いくつか卸売りで取り扱っています。
自治体から資機材購入のために、自主防災組織へ支出される補助金、助成金対象品目の一つです。
簡単そうで、なかなか購入できない物品の一つで、よく問い合わせを頂く、備品です。
昔は、金物を専門に置いているショップ、小売店や、ホームセンターなどの店頭で手に取って、確認して調達してた物ですが、現在ではめっきり使われなくなったため、在庫の優先順位が下がったようで、ほとんど置いてありません。
いくつもの種類がありますが、行政の事象防災倉庫備品対象の規格があるはずですので、お問い合わせ時にお知らせください。
お取り寄せまでに1週間程度掛かります。
お問い合わせ、お買い上げは、お気軽にどうぞ~
雑貨辞典 マルカミ藤倉株式会社 店長藤倉秀夫 電話048-663-4968まで
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LinkedIn にシェア

無料お見積り お問い合わせ

このページのTOPへ